2017 .11.8

【特別編】需要が高まるキットエンコーダでズバ抜けたコスト削減の秘密とは?

2017 国際ロボット展で展示されるPOSITAL社製品

さて今回のコラムは、11月29日から12月2日までの4日間、東京ビッグサイトで開催される「2017 国際ロボット展」(iREX2017)において、我々が出展するPOSITAL社の製品についてご紹介したいと思います。本コラムの読者の皆様ならば、国際ロボット展に一度は行ったことがあるのではないでしょうか。

昨今のロボットブームで、ますます機械の自動化に注目が集まりつつあります。またIoTやAIブームも重なり、機械をスマートにする取り組みも各社で始まっています。今回のロボット展は「ロボット革命が始まったーそして人に優しい社会へ」がテーマです。ケーメックスのブースでは、そのテーマに合わせて、ロボット革命の一翼を担うPOSITAL社の先進エンコーダについてご紹介する予定です。

今回の展示の目玉は、ちょっと毛色の変わった磁気式エンコーダキットです【★写真1】。このキットは、一般的な完成品の単体エンコーダとは異なり、自社のアクチュエータなどにダイレクトに組み込める点が大きな特徴です。以前ご紹介しましたが、キットエンコーダの部品は、お客様のサーボモータなどにそのまま取り付けることになるため、内部を覆うカバー(ケーシング)が付属していません。

【★写真1】自社のサーボモータにダイレクトに組み込んで利用できる磁気式キットエンコーダ。

それ以外は、従来のPOSITAL社の磁気式アブソリュートエンコーダと構成部品は同じです。部品がバラバラなので、単品と比べてセッティングが少し面倒なのでは? と思われるかもしれませんが、そんなことはありません。もともと磁気式エンコーダは、光学式エンコーダと比べて構造がシンプルで、部品点数も少なく、堅牢にできているからです。

組み込み手順は次の通り、至って簡単です。工場内で使われるサーボモータは、ノイズの発生源になるため、まず始めにアダプタプレートの上にノイズを遮断するボトムシールドを取り付けます。そしてモータのシャフトに、磁石付きの回転部(ロータ)をはめ込み、その上にセンサーが付いた基板部とハウジングを置き、あとはクリップで止めれば作業は完了です【★写真2】。

【★写真2】磁気式キットエンコーダの組み込み手順。シンプルな構成なので、容易にサーボモータに取り付けられる。

POSITAL社の磁気式アブソリュートエンコーダが組み込み用途に好まれるのは、なんといってもバッテリーレスだからでしょう。近年、サーボモータにエンコーダが最初から組み込まれ、一体型となった製品が多くなってきました。アブソリュートエンコーダは、絶対位置データをメモリに記憶するために、バッテリが内蔵されている製品がほとんどです。
しかし、メンテナンス性を考えた場合、電池がなくなったからといって、サーボモータに埋め込まれたエンコーダを取り外すのは非常に大変な作業でしょう。ましてや複雑なマシンの内部で稼働する場合には、メンテナンスだけで手間と労力がかかってしまいます。

そこで、POSITAL社の磁気式アブソリュートエンコーダでは、信頼性の向上とメンテナンス性の改善を図るべく、メモリバックアップ用バッテリを不要にする仕組みを採用。以前のコラムでバッテリーレスの原理についても詳細に解説しましたので、ここでは詳細については割愛します。ウィーガンドワイヤに外部から変動磁場を加えると、電気的パルスが発生するという面白い現象が起きます。これを電源バッテリとして活用するわけです。実は、このウィーガンドワイヤの専用チップ【★写真3】を量産しているのも同社です。バッテリーレスの磁気式エンコーダをキットとして販売することで、お客様のモータにも容易に取り付けられるように選択肢を増やしているわけです。

【★写真3】自己発電機能を備えたウィーガンドワイヤの専用チップも販売。お気軽にお問合せください。

お客様によって用途はさまざまですが、たとえば磁気式エンコーダは解像度では光学式に及ばないこともあります。そこで高分解能での位置決めを行いたい場合には、シングルターン(1回転)で光学式の高分解能ユニットを使い、POSITAL社のキットエンコーダを併用してマルチターン(多回転)のデータ保存するハイブリッド構成も可能です。

さらに前出のウィーガンドワイヤの専用チップも個別にバラ売りしております。もしチップにご用命がございましたら、ぜひ弊社にお問い合わせいただければ幸いです。

また、スルーホールタイプのキットエンコーダに興味のある方のお問合せにも対応できるよう、エンコーダ専任担当者も会場におりますので、是非お立ちよりください。

single-article