ダイナミックロード補償機能付傾斜計もラインナップPOSITAL FRABA TILTIX傾斜計

規格

概要

傾斜計は、角度センサとも呼ばれ、重力方向に対して、測定物の角度を測定するように設計されています。これらの傾斜計、又はレベルメータは、ピッチ/ロール角度を表示します。適切な電気インターフェースを介してこれらの値を出力します。この傾斜計は、傾斜計自体を対象物に取り付けて角度を測定でき、測定のための補助機構を必要としませんので、測定物に簡単に組み込むことができます。設計者の煩わしさを省くことが出来ます。POSITALは、それぞれの工業分野で、相違する使用用途に対して各種の傾斜計を開発しました。水平からの傾斜角度の正確な測定は、移動装置のコントロール、安全を確保するためにも重要なものです。
衝撃加速度補償機能付きダイナミック傾斜計は衝撃や振動による測定値への影響をなくす機能を有し、建設機械等の衝撃が加わる機器への使用に適しています。さらに、衝撃加速度補償機能付きダイナミック傾斜計は、3次元MEMS加速度と3次元 MEMSジャイロを採用しています。加速度(例えば、装置の急激な動き)、振動、衝撃の影響をなくすため、搭載されているアルゴリズムは加速度信号とジャイロ信号を組み合わせています。

TILTIX傾斜計の特長

・保護等級:IP69K
・コンパクト設計
・測定範囲: ± 80° (二重軸) もしくは360° (短軸)
・ATEX認証モデルあり

 

衝撃加速度補償機能付きダイナミック傾斜計の特長

・外部加速度の補償
・移動状態での正確な測定
・精度:0.3°
・インターフェース:CANopen、J1939

製品仕様

POSITAL FRABA TILTIX傾斜計
通信インターフェイス アナログ, DeviceNet(デバイスネット), CANopen(キャンオープン), RS232, SSI, J1939
分解能(ビット) 0.01° または 0.04°
精度 0.3°
保護等級 最大IP09K
測定範囲 ± 80° (二重軸) もしくは360° (短軸)

Youtube

POSITAL FRABA TILTIX傾斜計

ドキュメントダウンロード:ファイル形式(pdf)

single-product