1ポート CAN-J1939 to Modbus/PROFINET/EtherNet/IPゲートウェイMGate 5118 シリーズ

ワイド温度範囲モデル

厳しい環境下での仕様に耐えうる防爆認証取得

規格

1ポート CAN-J1939 to Modbus/PROFINET/EtherNet/IPゲートウェイ

産業用プロトコルゲートウェイMGate 5118シリーズは、CANバス(コントローラエリアネットワーク)ベースのSAE J1939プロトコルに対応しています。SAE J1939は、車両部品、ディーゼルエンジン発電機、圧縮エンジン間の通信および診断を実施するために使用され、大型トラック業界やバックアップ電源システムに適しています。このようなデバイスの制御には、エンジンコントロールユニット (ECU) を使用することが一般的になっており、ECUの背後に接続されたJ1939デバイスのステータスを監視するプロセスオートメーション用PLCを使用するアプリケーションが増えています。

MGate 5118シリーズは、J1939データのModbus RTU/ASCII/TCP、EtherNet/IP、PROFINETプロトコルへの変換をサポートし、ほとんどのPLCアプリケーションに対応しています。J1939プロトコル対応デバイスは、Modbus RTU/ASCII/TCP、EtherNet/IP、PROFINETプロトコルを使用するPLCやSCADAシステムで監視と制御を行うことができます。これによりMGate 5118シリーズの使用で、同じゲートウェイをさまざまなPLC環境で使用することが可能になります。

 

Key-in-FreeのJ1939コマンド

J1939プロトコルは、CAN-J1939デバイスから広範囲のデータを取得するように設計されています。すべてのJ1939コマンドを手作業でゲートウェイに入力する必要をなくすために、MGate 5118シリーズでは、CANデバイスが使用する出力コマンドを自動検出することができます。

Webコンソールを1回クリックするだけで、CANデバイスからのすべての出力コマンドがゲートウェイによって自動的に検出されます。コマンドはWebコンソールのコマンドリストに表示され、必要に応じてユーザーが変更することができます。MGate 5118シリーズを使用すると、ユーザはPLCとCANデバイスを簡単に接続できます。

 

さまざまなメンテナンス機能

MGate 5118シリーズはWebコンソールをサポートしており、設定やメンテナンスが簡単です。また、組み込みのトラフィックモニタ機能によりJ1939プロトコルトラフィックをモニタし、接続されているCANデバイスの状態 (エラーカウント、パケットカウント、バスオフラインなど) を監視することができます。トラフィックモニタ機能は、CANデバイスのトラブルシューティングにも使用できます。診断ツールを使用すると、CANデバイスの設定を確認したり、J1939ネットワークアドレスを読み取ってCANデバイスの有効性を表示したりできます。また、MGate 5118シリーズには、複数のJ1939デバイスが同じCANバスに接続されている場合のライブリスト機能が内蔵されています。この機能は、各デバイスから送信されたパケットのPGNとアドレスを表示し、CANバスの負荷を測定する機能をユーザに提供します。

さらに、MGate 5118シリーズはケーブルの接続不良を検出するためにステータス監視機能と障害保護機能をサポートしています。ステータス監視機能では、ゲートウェイとCANデバイス間のケーブルが緩んだ場合にPLCに通知が行われます。また、障害保護機能では、ゲートウェイとPLC間のケーブルが緩んだ場合に、ユーザが予め設定した動作を実行することができます。

主な特長

●J1939をModbus、PROFINET、またはEtherNet/IPに変換
●Modbus RTU/ASCII/TCPマスター/クライアント/スレーブ/サーバをサポート
●EtherNet/IPアダプタのサポート
●PROFINET IOデバイスのサポート
●J1939プロトコルをサポート
●設定を簡単にするWebベースのウィザード
●内蔵イーサネットカスケードで配線をシンプル化
●トラブルシューティングが容易になる組み込みのトラフィック監視/診断情報
●設定のバックアップ/コピーとイベントログ用のmicroSDカード
●保守を容易にする状態監視と障害保護
●2 kV絶縁保護付きCANバスおよびシリアルポート
●動作温度範囲:-40 ~ 75℃
●IEC 62443に基づくセキュリティ機能

イーサネットインターフェイス
10/100BaseT(X)ポート(RJ45コネクタ) 2 オートMDI/MDI-Xコネクション
磁気絶縁保護 1.5 kV (ビルトイン)
ソフトウェア
プロトコル Modbus TCPクライアント(Master), Modbus TCPサーバ(Slave), PROFINET IOデバイス, EtherNet/IPスキャナ, EtherNet/IPアダプタ
設定オプション Webコンソール(HTTP/HTTPS), Device Search Utility (DSU), Telnetコンソール
マネジメント ARP, DHCPクライアント, DNS, HTTP, HTTPS, SMTP, SNMP Trap, SNMPv1/v2c/v3, TCP/IP, Telnet, SSH, UDP, NTPクライアント
MIB RFC1213, RFC1317
タイムマネジメント NTP Client
シリアルインターフェイス
コンソールポート RS-232 (TxD, RxD, GND), 8ピン RJ45 (115200, n, 8, 1)
ポート数 1
コネクタ DB9 オス
シリアル規格 RS-232/422/485
ボーレート 50 bps ~ 921.6 kbps
データビット 7, 8
パリティ None, Even, Odd, Space, Mark
ストップビット 1, 2
フロー制御 RTS Toggle (RS-232のみ), RTS/CTS
RS-485プルハイ/ロー抵抗 1 kΩ, 150 kΩ
RS-485ターミネーター 120 Ω
アイソレーション 2 kV
シリアル信号
RS-232 TxD, RxD, RTS, CTS, DTR, DSR, DCD, GND
RS-422 Tx+, Tx-, Rx+, Rx-, GND
RS-485-2w Data+, Data-, GND
RS-485-4w Tx+, Tx-, Rx+, Rx-, GND
シリアルソフトウェア
設定オプション Serial コンソール
プロトコル J1939, Modbus RTU/ASCIIマスター, Modbus RTU/ASCIIスレーブ
Modbus RTU/ASCII
モード Master, Slave
サポート機能 1, 2, 3, 4, 5, 6, 15, 16, 23
最大コマンド数 128
Modbus TCP
モード クライアント(Master), サーバ(Slave)
サポート機能 1, 2, 3, 4, 5, 6, 15, 16, 23
最大接続クライアント数 16
最大接続サーバ数 32
最大コマンド数 128
PROFINET
モード IO デバイス
最大接続IOコントローラ数 1 (read/write)
入力データサイズ 512 bytes
出力データサイズ 512 bytes
EtherNet/IP
モード Scanner, Adapter
対応CIPオブジェクト Identity, Message Router, Assembly, Connection Manager, TCP/IPインターフェース, イーサネットリンク, ポート
最大接続スキャナ数 1 (readのみ), 1 (read/write)
最大接続アダプタ数 4
入力データサイズ 496 bytes
出力データサイズ 496 bytes
CANインターフェース
プロトコル J1939
ポート数 1
コネクタ バネ式 ユーロブロックターミナル
ボーレート 200 kbps, 500 kbps
ターミネーター 120 Ω
アイソレーション 2 kV(ビルトイン)
J1939
最大コマンド数 256
入力データサイズ 2048 bytes
出力データサイズ 2048 bytes
メモリ
micro SDスロット 最大 32 GB (SD2.0互換)
電源
入力電圧 12 ~ 48 VDC
入力電流 416 mA @ 12 VDC
電源コネクタ バネ式 ユーロブロックターミナル
リレー
接点電流定格 抵抗負荷:2 A @30 VDC
外形
ハウジング メタル
IP保護 IP30
寸法 45.8 x 105 x 134 mm
重量 589 g
環境
動作温度 MGate 5118::0 ~ 60°C
MGate 5118-T:-40 ~ 75°C
保管温度(外装含む) -40 ~ 85℃
動作湿度 5% ~95%(結露なきこと)
規格および認証
安全 EN 60950-1, UL 61010-2-201
EMC EN 61000-6-2/-6-4
EMI CISPR 32, FCC Part 15B Class A
EMS IEC 61000-4-2 ESD: Contact: 8 kV; Air: 15 kV
IEC 61000-4-3 RS: 80 MHz to 1 GHz: 10 V/m
IEC 61000-4-4 EFT: Power: 4 kV; Signal: 4 kV
IEC 61000-4-5 Surge: Power: 2 kV; Signal: 2 kV
IEC 61000-4-6 CS: 150 kHz to 80 MHz: 10 V/m; Signal: 10 V/m
IEC 61000-4-8 PFMF
ハザードロケーション ATEX, Class I Division 2, IECEx
落下 IEC 60068-2-32
衝撃 IEC 60068-2-27
振動 IEC 60068-2-6, IEC 60068-2-64
MTBF
時間 727,873 時間
規格 Telcordia SR332
保証
保証期間 5年

本体

MGate 5118 1ポート J1939 to Modbus/PROFINET/EtherNet/IP ゲートウェイ, 動作温度:0 ~ 60℃
MGate 5118-T 1ポート J1939 to Modbus/PROFINET/EtherNet/IP ゲートウェイ, 動作温度:-40 ~ 75℃
single-product