RS-485 リモートI/OioLogik R1200シリーズ

ワイド温度範囲モデル

規格

RS-485 リモートI/O

RS-485シリアルリモートI/Oデバイス ioLogik R1200シリーズは、高コスト効率、高信頼性でメンテナンスが容易なリモートプロセス制御I/Oシステムの構築に最適です。リモートシリアルI/Oは、EIA/TIA RS-485通信プロトコルを採用しており、2本のワイヤが必要なコントローラやその他のRS-485デバイスとの通信に比べて配線が簡単であるというメリットがあります。
ソフトウェア、またはUSBとデュアルRS-485ポート設計による通信設定に加えて、MoxaのリモートI/Oデバイスは、データ収集と自動化システムのセットアップとメンテナンスに伴う多大な労力を削減します。また、MoxaはさまざまなI/Oの組み合わせを提供するため、柔軟性が高く、さまざまなアプリケーションとの互換性があります。

 

使いやすいソフトウェアインターフェースで簡単メンテナンス

MoxaのioSearchソフトウェアは、使いやすいグラフィカルユーザーインターフェースとなっており、ioLogik R1200シリーズのすべてのステータス情報と設定にすばやくアクセスすることができます。さらに、RS-485ネットワーク経由またはリモートですべてのioLogik R1200シリーズのファームウェアを簡単に更新することもできます。
ioSearchソフトウェアは無料で使いやすく、通信インターフェースのセットアップに必要なメンテナンス時間と労力の削減が可能になります。同じRS-485ネットワーク上に複数のioLogik R1200デバイスがある場合、セットアップ中に何百ものダイヤルを回す必要はありません。代わりに、各ioLogik R1200デバイスのボーレートとモードを設定し、グラフィカルユーザーインターフェース上でコピーします。この便利なソフトウェアにより、保守エンジニアの作業が軽減され、従来の方法に比べてデバイス構成のアップグレードが大幅に簡素化されます。

 

導入作業を軽減し、保守効率を向上する革新的なハードウェア設計

業界初のRS-485シリアルリモートI/O USB設計により、MoxaはRS-485リモートI/O通信デバイスおよびファームウェアのアップグレードと設定のための革新的なソリューションを提供します。設定をUSBドライブにアップロードし、フィールドデバイスに接続するだけで、すべての設定とファームウェアアップデートが自動的にフィールドデバイスにアップロードされます。

 

バックアップと冗長性を持つコスト削減ハードウェア設計

MoxaのioLogik R1200シリーズは、RS-485ポートを2つ搭載しており、ポートの1つが破損した場合でも、他のポートにすばやく切り替えて迅速なテストや修理が可能です。RS-485リモートI/Oデバイスはすでに低コストのテクノロジーと考えられていますが、このデュアルRS-485ポートにより、Moxaはさらにコストを削減します。
またioLogik R1200シリーズでは、このデュアルRS-485ポートを利用して、配線のセットアップ、コンピュータの冗長化、または2つのコンピュータトポロジを使用したネットワークのバックアップが可能です。コンピュータはRS-485接続の1つが応答していないことを検出すると、他のRS-485回線にすばやく切り替えて、フィールドセンサと中央コンピュータ間の継続的な通信を実現し配線の冗長性を確保します。
さらに、ユーザーは設定を自由に定義できます。コンピュータの冗長性を確保するために、ioLogik R1200シリーズは、1つのシステムがダウンした場合にシステムオペレータに安全なバックアップを提供します。

 

主な特長

●リピータ内蔵デュアルRS-485リモートI/O
●マルチドロップ通信パラメータのインストールをサポート
●通信パラメータのインストールとUSBによるファームウェアのアップグレード
●RS-485接続によるファームウェアのアップグレード
●動作温度範囲:-40 ~ 85℃(ワイド温度モデル)

入出力インターフェース
ボタン リセットボタン
アナログ入力チャンネル ioLogik R1240シリーズ:8
アナログ出力チャンネル ioLogik R1241シリーズ:4
設定可能DIOチャンネル
(ソフトウェア)
ioLogik R1212シリーズ:8
デジタル入力チャンネル ioLogik R1210シリーズ:16
ioLogik R1212シリーズ:8
ioLogik R1214シリーズ:6
シリアル絶縁 3k VDC または 2k Vrms
リレーチャンネル ioLogik R1214シリーズ:6
デジタル入力
コネクタ ネジ締めユーロブロックターミナル
カウンタ周波数 2.5 kHz
デジタルフィルタ時間間隔 ソフトウェア設定
ドライコンタクト On: short to GND
Off: open
I/Oモード DI または イベントカウンター
COMあたりのポイント数 ioLogik R1210/R1212シリーズ:8 チャンネル
ioLogik R1214シリーズ:6 チャンネル
センサタイプ ウエットコンタクト(NPN, PNP), ドライコンタクト
ウエットコンタクト(Di to COM) On: 10 ~ 30 VDC
Off: 0 ~ 3 VDC
デジタル出力
コネクタ ネジ締めユーロブロックターミナル
電流定格 チャンネルあたり 200 mA
I/Oモード DO または パルス出力
I/Oタイプ シンク
過電流保護 チャンネルあたり 0.65 A @ 25°C
過熱保護シャットダウン 175°C (標準), 150°C (最低)
過電圧保護 35 VDC
パルス出力周波数 5 kHz
リレー
ブレークダウン電圧 500 VAC
コネクタ ネジ締めユーロブロックターミナル
接点電流定格 許容電流:5A @30 VDC, 250 VAC, 110 VAC
接触抵抗 100 ミリ Ω (最大)
耐電性 10万回 @5A 抵抗負荷
初期絶縁抵抗 1000 メガ Ω(最小) @ 500 VDC
機械的耐久性 500万回
パルス出力周波数 定格負荷 0.3 Hz
タイプ Form A (N.O.)電力リレー
Note 周囲湿度は5~95%で、結露しないこと。0°C以下の高結露環境では、リレーが誤動作する可能性があります。
アナログ入力
精度 ioLogik R1240:
±0.1% FSR @ 25°C
±0.3% FSR @ -10 ~ 60°C
ioLogik R1240-T:
±0.1% FSR @ 25°C
±0.3% FSR @ -10 ~ 60°C
±0.5% FSR @ -40 ~ 75°C
電流入力用内蔵抵抗 120 Ω
コネクタ ネジ締めユーロブロックターミナル
I/Oモード 電圧/電流
I/Oタイプ 差分
入力インピーダンス 10 メガ Ω(最小)
入力レンジ 0 ~ 10 VDC
0 ~ 20 mA
4 ~ 20 mA
4 ~ 20 mA (バーンアウト検出)
解像度 16 bits
サンプリングレート 全チャンネル: 12 サンプル/秒
チャンネルあたり: 1.5 サンプル/秒
1チャンネルのみ: 12 サンプル/秒
アナログ出力
精度 ioLogik R1241:
±0.1% FSR @ 25°C
±0.3% FSR @ -10 ~ 60°C
ioLogik R1241-T:
±0.1% FSR @ 25°C
±0.3% FSR @ -40 ~ 75°C
コネクタ ネジ締めユーロブロックターミナル
負荷抵抗 内部電源:400 Ω
Note: 負荷が1,000 Ωを超える場合は24Vの外部電源が必要となります。
出力レンジ 0 ~ 10 VDC
0 ~ 20 mA
4 ~ 20 mA
解像度 12 bits
電圧出力 10 mA (最大)
LEDインターフェース
LEDインジケータ PWR, RDY, P1, P2
シリアルインターフェース
ボーレート 1200 bps ~ 921.6 kbps
コネクタ ターミナルブロック
ポート数 2
パリティ None, Even, Odd
RS-485 プル ハイ/ロー抵抗 1 kΩ, 150 kΩ
シリアル規格 RS-485
ストップビット 1, 2
サージ 1 kV
ESD 15 kV
データビット 8
シリアル信号
RS-485-2w Data+, Data-, GND
シリアルソフトウェア
プロトコル Modbus RTU サーバ (slave)
電源
電源コネクタ ネジ締めユーロブロックターミナル
電源入力数 1
入力電圧 12 ~ 48VDC
消費電力 ioLogik R1210 シリーズ:154 mA @ 24 VDC
ioLogik R1212 シリーズ:187 mA @ 24 VDC
ioLogik R1214 シリーズ:207 mA @ 24 VDC
ioLogik R1240 シリーズ:216 mA @ 24 VDC
ioLogik R1241 シリーズ:343 mA @ 24 VDC
外形
ハウジング プラスチック
寸法 27.8 x 124 x 84 mm
重量 200 g
設置取付 DINレールマウンティング, ウォールマウンティング
ケーブル I/Oケーブル, 16 ~ 26 AWG
電源ケーブル, 12 ~ 24 AWG
環境
動作温度 標準モデル:-10 ~ 60℃
ワイド温度モデル:-40 ~ 85℃
保管温度(外装含む) -40 ~ 85℃
相対湿度 5 ~ 95% (結露なきこと)
高度 2,000 m*
*より高度の高い場所でも正常に機能する製品をお探しの場合は弊社までお問い合わせください。
規格および認証
EMC EN 55032/24
EMI CISPR 32, FCC Part 15B Class A
EMS IEC 61000-4-2 ESD: Contact: 4 kV; Air: 8 kV
IEC 61000-4-3 RS: 80 MHz to 1 GHz: 3 V/m
IEC 61000-4-4 EFT: Power: 0.5 kV
IEC 61000-4-5 Surge: Power: 2 kV
IEC 61000-4-6 CS: 3 V
IEC 61000-4-8 PFMF
安全 UL 508
衝撃 IEC 60068-2-27
振動 IEC 60068-2-6
準拠する環境指令
グリーン製品 RoHS, CRoHS, WEEE
MTBF
時間 1,239,293 時間
規格 Telcordia SR332
保証
保証期間 ioLogik R1214: 2年*
パワーリレーの寿命が限られているため、この部品を使用する製品には2年間の保証が適用されます。
ioLogik R1210/R1212/R1240/R1241シリーズ: 5年

本体

ioLogik R1210 ユニバーサルI/O, 16 x DI, 動作温度:-10 ~ 75℃
ioLogik R1210-T ユニバーサルI/O, 16 x DI, 動作温度:-40 ~ 85℃
ioLogik R1212 ユニバーサルI/O, 8 x DI, 8 x DIO, 動作温度:-10 ~ 75℃
ioLogik R1212-T ユニバーサルI/O, 8 x DI, 8 x DIO, 動作温度:-40 ~ 85℃
ioLogik R1214 ユニバーサルI/O, 6 x DI, 6 x Relay, 動作温度:-10 ~ 75℃
ioLogik R1214-T ユニバーサルI/O, 6 x DI, 6 x Relay, 動作温度:-40 ~ 85℃
ioLogik R1240 ユニバーサルI/O, 8 x AI, 動作温度:-10 ~ 75℃
ioLogik R1240-T ユニバーサルI/O, 8 x AI, 動作温度:-40 ~ 85℃
ioLogik R1241 ユニバーサルI/O, 4 x AO, 動作温度:-10 ~ 75℃
ioLogik R1241-T ユニバーサルI/O, 4 x AO, 動作温度:-40 ~ 85℃

ドキュメントダウンロード:ファイル形式(pdf)

single-product