コーナーネットワークカメラCD8371-HNTV

概要

VIVOTEK社のCD8371-HNVF2 / HNTVは、刑務所および矯正施設向けに特別に設計された破壊者防止ネットワークカメラです。 CD8371-HNVF2 / HNTVは、3メガピクセルの解像度で最大20 fps、940nm IRイルミネータ、双方向オーディオ、および固定レンズ(-HNVF2)またはバリフォーカル(-HNTV)のいずれかで利用可能です。刑務所の監視カメラは今日入手可能です。 CD8371-HNVF2 / HNTVには、自傷行為や自殺の可能性を制限する反結紮デザインがあり、刑務所、収容室、精神病棟、精神病院、矯正施設などの環境に必要な機能です。

結紮防止設計に加えて、CD8371-HNVF2 / HNTVは広範囲をカバーするように設計されています。 CD8371-HNVF2 / HNTVは、セルの上隅に設置するように設計されており、広角の水平FOV(最大108°)と垂直FOV(最大79°)の両方を備え、長方形のセルを完全にカバーします。両方のモデルのレンズには、必要に応じて垂直方向のビュー調整を可能にする15°の垂直傾斜もあります。 WDR Proが含まれているため、可変照明が懸念される場合の画質が向上し、SNVテクノロジーは低照度条件下で高品質のフルカラー監視を実現します。これらの組み合わされた機能と内蔵マイクにより、矯正官、メンタルヘルス評価者、および刑務所警備員は、監督下にある人々のすべての活動を監視できます。

CD8371-HNVF2 / HNTVは、業界標準のH.264圧縮技術もサポートしており、ファイルサイズを削減し、ネットワーク帯域幅を節約します。また、ONVIFに準拠しており、既存のビデオ管理ソフトウェアまたはVIVOTEK社独自のVAST中央管理ソフトウェアと統合できます。

 

特長

・20 fps @ 2048×1536
・反リガチャーデザイン、コーナードーム補正施設カメラ
・耐環境性IP67規格および耐衝撃性IK10 規格ハウジング
・51°?105°の水平画角、37°?72°の垂直画角
・15°チルトレンズ
・最大10メートルのビルトインInvisible 940nm IR イルミネーター
・WDR Pro(100dB)により、高コントラスト照明環境での視認性が向上
・低照度条件向けのSNV(Supreme Night Visibility)
・ショック検出カメラが攻撃された場合の高度なタンパー検出
・トレンドマイクロIoTセキュリティ(標準保障期間内)

 

製品仕様

CD8371-HNTV
要約 3MP、20fps、H.264/MJPEG、リモートフォーカス、SNV、WDR Pro、
10m不可視IR、アンチリガチャー
センサータイプ 1/2.8″ プログレッシブ CMOS
レンズタイプ バリフォーカル
リモートフォーカル
F値 F1.6
焦点距離 f = 2.8~8 mm
画角 51°~105°(水平)
37°~72° (垂直)
オートアイリス
デイナイト機能  対応
赤外線照射装置 10m、940nm IR
最低照度 0.01ルクス@F1.6(カラー)
<0.01ルクス@F1.6(白黒)
IR LEDオンの時0ルクス
動画最大解像度 2048×1536 (3MP)
フレームレート 20 fps@ 2048×1536
動画圧縮 デュアルコーデック (H.264/MJPEG)
マルチストリーム 3 ストリーム
WDRテクノロジー WDR Pro
3DNR 対応
クラウドサービス  VIVOCloud App
トレンドマイクロIoTセキュリティ 対応
電源入力 AC 24V
DC 12V
PoE
消費電力 最大6.2W
デジタル入力 /出力 1/1
オーディオ機能 双方向オーディオ(全二重)
オーディオ圧縮 G.711、G.726
ONVIF プロファイル S/G
オンボードストレージ MicroSD/SDHC/SDXC カードスロット
全天候型  IP67、IK10+
寸法 226×221×112mm
動作温度 -10°~55°
single-product