産業用 屋外向け IEEE 802.11a/b/g/n/ac ワイヤレスAP/ブリッジ/クライアントNEWAWK-4252Aシリーズ

IEEE802.11a/b/g/n/ac サポート

ローミングの切り替え速度(ハンドオーバ時間)が150ms以内のTurbo Roamingに対応

ワイド温度範囲モデル

規格

産業用 屋外向け IEEE 802.11a/b/g/n/ac ワイヤレスAP/ブリッジ/クライアント

AWK-4252Aシリーズは、最大1.267 Gbpsの集約データレートでIEEE 802.11acをサポートし、より高速なデータ通信のニーズに応えることができる3-in-1産業用ワイヤレスAP/ブリッジ/クライアントです。また動作温度、電源入力電圧、サージ、ESD、振動等の多くの産業用規格と認証に準拠しています。さらに電源においては、信頼性を高める2つの冗長DC電源入力とPoE経由の供給により、柔軟な導入に貢献します。2.4 GHz帯または5 GHz帯のどちらでも動作し、既存の802.11a/b/g/nとの下位互換性があるため、将来にわたるワイヤレスインフラとしての導入が可能です。

 

先進的802.11ac産業用ワイヤレスソリューション

• 802.11a/b/g/n/ac準拠、柔軟な導入が可能なAP/ブリッジ/クライアント
• 5 GHzチャンネルの選択範囲を拡大し、既存のワイヤレスインフラからの干渉を回避できるDFSチャンネルに対応

 

先進的ワイヤレス技術

• クライアントベースのTurbo Roaming*によるシームレスなローミングでAP間でのローミングリカバリタイム150ミリ秒未満を実現可能 (クライアントモード)

 

産業用製品としての高い耐久性

• 過酷な環境下でもスムーズなワイヤレス通信を可能にする動作温度範囲-40 ~ 75 °C対応モデル
• 強化されたアンテナポート絶縁保護で最大30 kVのESDおよび6 kVのサージ保護を実現

 

* Turbo Roamingリカバリタイムは、干渉のない20 MHz RFチャンネル、WPA2-PSKセキュリティ、およびデフォルトのTurbo Roamingパラメータで設定されたAPに全体にわたり、最適化された条件で記録されたテスト結果の平均です。クライアントは、100 Kbpsのトラフィック負荷で3チャンネルローミングが設定されています。他の条件もまた、ローミング性能に影響を及ぼす可能性があります。Turbo Roamingパラメータ設定の詳細については、製品マニュアルを参照してください。

主な特長

• IEEE 802.11a/b/g/n/ac Wave 2準拠 AP/ブリッジ/クライアント
• 最大1.267 Gbpsの集約データレートを備えた同時デュアルバンドWi-Fi
• 最新のWPA3暗号化でワイヤレスネットワークセキュリティを強化
• 国もしくは地域コードの設定でより柔軟な導入が可能なユニバーサル (UN)モデル
• ネットワークアドレス変換 (NAT)を使用した簡単なネットワーク設定
• ミリ秒レベルのクライアントベースのTurbo Roaming*
• 2.4 GHzおよび5 GHzバンドパスフィルタ内蔵で安定した接続を実現
• 動作温度範囲: -40 ~ 75 °C、IP68準拠の防水ハウジング設計で屋外のアプリケーションに最適
• 統合アンテナ絶縁

 

* Turbo Roamingリカバリタイムは、干渉のない20 MHz RFチャンネル、WPA2-PSKセキュリティ、およびデフォルトのTurbo Roamingパラメータで設定されたAPに全体にわたり、最適化された条件で記録されたテスト結果の平均です。クライアントは、100 Kbpsのトラフィック負荷で3チャンネルローミングが設定されています。他の条件もまた、ローミング性能に影響を及ぼす可能性があります。Turbo Roamingパラメータ設定の詳細については、製品マニュアルを参照してください。

WLANインターフェース
WLAN規格 2.4 GHz: 802.11b/g/n with 256 QAM対応
5 GHz: 802.11a/n/ac Wave 2 with 256 QAM対応
USモデルの周波数帯域 (20 MHz動作チャンネル) AWK-4252A USモデルのみ:
2.412 ~ 2.462 GHz (11チャンネル)
5.180 ~ 5.240 GHz (4チャンネル)
5.260 ~ 5.320 GHz (4チャンネル)**
5.500 ~ 5.700 GHz (11チャンネル)**
5.745 ~ 5.825 GHz (5チャンネル)
UNモデルの周波数帯域 (20 MHz動作チャンネル) AWK-4252A UNモデルのみ:
2.412 ~ 2.484 GHz (14チャンネル)
5.180 ~ 5.240 GHz (4チャンネル)
5.260 ~ 5.320 GHz (4チャンネル)**
5.500 ~ 5.700 GHz (11チャンネル)**
5.745 ~ 5.825 GHz (5チャンネル)
利用可能なチャンネルは設定された国もしくは地域コードによって異なります。
ワイヤレスセキュリティ WEP暗号化 (64ビット/128ビット)
WPA/WPA2/WPA3-エンタープライズ (IEEE 802.1X/RADIUS, TKIP, AES)
WPA/WPA2/WPA3-パーソナル
通信レート 2.4 GHz:
802.11b: 1 ~ 11 Mbps
802.11g: 6 ~ 54 Mbps
802.11n: 6.5 ~ 400 Mbps
5 GHz:
802.11a: 6 ~ 54 Mbps
802.11n: 6.5 ~ 300 Mbps
802.11ac: 6.5 ~ 867 Mbps
802.11aの送信電力 (デュアルチェーン) 24 ± 1.5 dBm @ 6 Mbps
22 ± 1.5 dBm @ 54 Mbps
802.11nの送信電力 (5 GHz, デュアルチェーン) 24 ± 1.5 dBm @ MCS0 20 MHz
21 ± 1.5 dBm @ MCS7 20 MHz
23 ± 1.5 dBm @ MCS0 40 MHz
21 ± 1.5 dBm @ MCS7 40 MHz
802.11acの送信電力 (デュアルチェーン) 23.5 ± 1.5 dBm @ MCS0 20 MHz
20.5 ± 1.5 dBm @ MCS8 20 MHz
23.5 ± 1.5 dBm @ MCS0 40 MHz
20 ± 1.5 dBm @ MCS9 40 MHz
22.5 ± 1.5 dBm @ MCS0 80 MHz
20 ± 1.5 dBm @ MCS9 80 MHz
802.11bの送信電力 (デュアルチェーン) 27.5 ± 1.5 dBm @ 1 Mbps
28 ± 1.5 dBm @ 11 Mbps
802.11gの送信電力 (デュアルチェーン) 28 ± 1.5 dBm @ 6 Mbps
25 ± 1.5 dBm @ 54 Mbps
802.11nの送信電力 (2.4 GHz, デュアルチェーン) 26 ± 1.5 dBm @ MCS0 20 MHz
24 ± 1.5 dBm @ MCS7 20 MHz
26 ± 1.5 dBm @ MCS0 40 MHz
24.5 ± 1.5 dBm @ MCS7 40 MHz
802.11aの受信感度 (5.680 GHzで測定) Typ. -88 dBm @ 6 Mbps
Typ. -71 dBm @ 54 Mbps
802.11nの受信感度 (5 GHz; 5.680 GHzで測定) Typ. -87 dBm @ MCS0 20 MHz
Typ. -68 dBm @ MCS7 20 MHz
Typ. -83 dBm @ MCS0 40 MHz
Typ. -66 dBm @ MCS7 40 MHz
802.11acの受信感度 Typ. -87 dBm @ MCS0 20 MHz
Typ. -64 dBm @ MCS8 20 MHz
Typ. -84 dBm @ MCS0 40 MHz
Typ. -59 dBm @ MCS9 40 MHz
Typ. -81 dBm @ MCS0 80 MHz
Typ. -56 dBm @ MCS9 80 MHz
802.11bの受信感度 (2.437 GHzで測定) Typ. -93 dBm @ 1 Mbps
Typ. -86 dBm @ 11 Mbps
Note: デバイスで同時にUSB読み取り/書き込みアクティビティを行うと、干渉が発生し、受信感度のパフォーマンスにわずかな影響を与える可能性があります。ミッションクリティカルなアプリケーションでは、デバイスでのUSBアクティビティを避けることをお勧めします。
802.11gの受信感度 (2.437 GHzで測定) Typ. -88 dBm @ 6 Mbps
Typ. -71 dBm @ 54 Mbps
Note: デバイスで同時にUSB読み取り/書き込みアクティビティを行うと、干渉が発生し、受信感度のパフォーマンスにわずかな影響を与える可能性があります。ミッションクリティカルなアプリケーションでは、デバイスでのUSBアクティビティを避けることをお勧めします。
802.11nの受信感度 (2.4 GHz; 2.437 GHzで測定) Typ. -87 dBm @ MCS0 20 MHz
Typ. -68 dBm @ MCS7 20 MHz
Typ. -84 dBm @ MCS0 40 MHz
Typ. -66 dBm @ MCS7 40 MHz
Note: デバイスで同時にUSB読み取り/書き込みアクティビティを行うと、干渉が発生し、受信感度のパフォーマンスにわずかな影響を与える可能性があります。ミッションクリティカルなアプリケーションでは、デバイスでのUSBアクティビティを避けることをお勧めします。
WLAN動作モード アクセスポイント, クライアント, クライアントルータ, マスタ, スレーブ, スニファ
アンテナ 3/6 dBi, 無指向性 (外部アンテナ)
アンテナコネクタ 2 x Nタイプメス
イーサネットインターフェース
規格 IEEE 802.3 for 10BaseT
IEEE 802.3u for 100BaseT(X)
IEEE 802.3ab for 1000BaseT(X)
IEEE 802.3af for PoE
IEEE 802.3at for PoE
IEEE 802.1Q for VLAN Tagging
IEEE 802.1X for authentication
10/100/1000BaseT(X)ポート (RJ45コネクタ) 1
PoEポート (10/100/1000BaseT(X), RJ45コネクタ) 1
イーサネットソフトウェア
マネジメント DHCPクライアント, DNS, HTTP, IPv4, LLDP, SMTP, SNMPv1/v2c/v3, Syslog, TCP/IP, Telnet, UDP, VLAN, MXconfig
ルーティング ポートフォワーディング, スタティックルート, NAT
セキュリティ HTTPS/SSL, RADIUS, SSH
タイムマネジメント SNTPクライアント
ファイアウォール
フィルタ ICMP, MACアドレス, IPプロトコル, ポートベース
シリアルインターフェース
コンソールポート RS-232, 8ピン RJ45
USBインターフェース
ストレージポート USB Type A
LEDインターフェース
LEDインジケータ PWR, LAN1, LAN2, 2.4G, 5G, SYS
入出力インターフェース
デジタル入力 2
最大入力電流: 8 mA
+13 ~ +30 V for state 1
+3 ~ -30 V for state 0
アラーム接点チャンネル リレー出力, 許容電流: 1 A @ 24 VDC
ボタン リセットボタン
外形
ハウジング メタル
寸法 66.5 x 157.6 x 244 mm
IP定格 IP68
重量 2024 g
設置・取付 DINレールマウンティング, ウォールマウンティング (オプション), ポールマウンティング (オプション)
電源
入力電流 12 ~ 48 VDC, 2.2 ~ 0.55 A
入力電圧 12 ~ 48 VDC, 冗長デュアル入力, 48 VDC Power-over-Ethernet
電源コネクタ M12 A-coded 5ピン オスコネクタ
消費電力 28.4 W (最大)
環境
動作温度 ワイド温度モデル: -40 ~ 75 °C
保管温度 (外装含む) -40 ~ 85 °C
相対湿度 5 ~ 95 % (結露なきこと)
規格および認証
EMC EN 61000-6-2/-6-4, EN 55032/35
EMI CISPR 32, FCC Part 15B Class A
EMS IEC 61000-4-2 ESD: Contact: 8 kV; Air: 15 kV
IEC 61000-4-3 RS: 80 MHz ~ 1 GHz: 10 V/m
IEC 61000-4-4 EFT: Power: 2 kV; Signal: 1 kV
IEC 61000-4-5 Surge: Power: 2 kV; Signal: 1 kV
IEC 61000-4-6 CS: 10 V/m
IEC 61000-4-8 PFMF: 30 A/m
安全 IEC 60950-1, IEC 62368-1, UL 62368-1
振動 IEC 60068-2-6
無線 EN 300 328, EN 301 489-1/17, EN 301 893, ANATEL, FCC, MIC, NCC, RCM, SRRC, WPC, KC, IC
MTBF
時間 746,471 時間
規格 Telcordia SR332
保証
保証期間 5年

* Turbo Roamingリカバリタイムは、干渉のない20 MHz RFチャンネル、WPA2-PSKセキュリティ、およびデフォルトのTurbo Roamingパラメータで設定されたAPに全体にわたり、最適化された条件で記録されたテスト結果の平均です。クライアントは、100 Kbpsのトラフィック負荷で3チャンネルローミングが設定されています。他の条件もまた、ローミング性能に影響を及ぼす可能性があります。Turbo Roamingパラメータ設定の詳細については、製品マニュアルを参照してください。

** DFS (動的周波数選択)チャンネルのサポート: APモードでは、レーダー信号が検出されると、デバイスは自動的に別のチャンネルに切り替わります。しかし、規制によると、チャンネルを切り替えた後、サービスを開始する前に60秒の利用可能性チェック期間が必要です。

本体

AWK-4252A-UN-T 産業用 屋外向け IEEE 802.11a/b/g/n/ac ワイヤレスAP/ブリッジ/クライアント, UNバンド, 動作温度: -40 ~ 75 ℃
AWK-4252A-US-T 産業用 屋外向け IEEE 802.11a/b/g/n/ac ワイヤレスAP/ブリッジ/クライアント, USバンド, 動作温度: -40 ~ 75 ℃

Youtube

Moxa AWKシリーズ: モバイルオートメーション向け次世代産業用Wi-Fi

Moxaの次世代産業用ワイヤレスネットワークソリューション AWK-3252A、AWK-4252A、AWK-1151Cシリーズは、ワイヤレス操作とモバイルシステムの統合を簡素化し、製造業、ヘルスケア、輸送およびその他多くの産業分野において高まるモバイルオートメーションとIP監視の需要を満たします。

※Youtubeの字幕ボタンをクリックすると、日本語字幕が表示されます。

ドキュメントダウンロード:ファイル形式(pdf)